フォト
無料ブログはココログ

« ホイル焼き | トップページ | 桃の節句 »

2010年3月 2日 (火)

何故、人間は酒を飲むのだろう?

幼い頃、父が飲んでいる酒をなめて、大人は何で

こんなに苦い飲み物が好きなのだろう?と不思議に

思っていた。

いつの頃からか?酒を飲むようになっていた。

決して酒が強いわけでもないのに、何故か酒を飲んでいる。

酒と言うと河島英五さんの「酒と涙と男と女」を思い浮かべる。

忘れてしまいたいことや、どうしようもない寂しさに・・・・

確かに男は寂しい生き物なのかな?と思う。

寂しくても酒、楽しくても酒、疲れていても酒。

酒を飲んで、酒に飲まれて。

最近、何となく酒を飲む気持ちが分かってきたような気がする。

Ram

« ホイル焼き | トップページ | 桃の節句 »

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホイル焼き | トップページ | 桃の節句 »