フォト
無料ブログはココログ

« いつもの水曜日 | トップページ | 真冬の空気 »

2014年12月25日 (木)

そろそろ年の瀬

そろそろ年の瀬が近づいてきた。

街をゆくあいさつ回りの人たちも

多く見受けられるよになった。

夜になって、一瞬だが都内も雪が

降った。

今日の夕食は、焼き豚ご飯。

2014_12_25_01

2014_12_25_02

« いつもの水曜日 | トップページ | 真冬の空気 »

食・レシピ」カテゴリの記事

コメント

PAPAさん、こんばんは。
豚肉とタマネギを一緒に炒めようかと
思いましたが、下に敷いてみました。
東京は一時、アラレのような雪が
降りました。ほんの一時でしたが。
仕事納めは、来週の月曜なので
まだ一日残っております。
本当に一年がアッという間でしたね。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

ほんとにご飯見えないね~
玉ねぎ炒めてあったんだ。さすがだね。Toshiさん・・・

毎日 寒い日が続いていますね。
東京は 雪が降ったのですか?
また 寒波がくるとのこと
体調崩さないで下さいね。
お母様もお大事に・・・

Toshiさんも 仕事納めかな?
今年も早かったですね。

ソフィーさん、こんばんは。
北海道は豚丼の本場ですものね。
きっと美味しい豚丼を作られる
と思います。
私のは思いつきで作ったので、
味の染み込みが少なかった
ような気がします。
これから、冷蔵庫の整理ですね。
お正月に向けてラストスパートしましょ。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

あきばばさん、こんばんは。
ご飯は少なめでした。
タマネギを炒めてご飯の上に
のせて、その上に豚肉をのせました。
タマネギの甘みが豚肉にマッチして
美味しく頂けました。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

おばさんさん、こんばんは。
どうも楽しいコメントを下さる方が
約一名いらっしゃるので、楽しませて
頂いておりま~す。
おから、美味しいし栄養たっぷり
ですね。大好きです。
漬物のセロリはお客さんから頂いた
もの。カブは妹がカブを梅干しに
漬けた物です。漬物も美味しい季節に
なりました。ご飯がすすみますね。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

koutokuさん、こんばんは。
そうそう、それを言いたかったのです。
しかし、私の口からそれを言って
しまうとkoutokuさんの出番がないの
かと思って言わずにおりましたよ。
ちゃ~んとkoutokuさんが代弁
して下さったので良しとしましょ。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

うちは 豚肉がのっているから ぶたドン・・・・(笑)
お皿に乗っても豚ドンです
年末は冷蔵庫整理をしながら正月用品をかわなくては ね・・・・

ご飯が見えない!って書こうと思ったら、koutokuさんに先を越されましたーー
豚肉の下にたまねぎが潜んでいるのですか??炒めてですか??

あらあら
朝から大変なカキコでしたねcoldsweats01
オカラの炊いたものやサラダ良いですよ
漬物が気になったわ
赤カブとセロリーですか
食べたいと思います
器も素敵ですしランチョンマットも変えたの??

あのね~! Toshi さん! (そのまんま東)の回答じゃが~!。
もうひと(ヒネリ!)しなきゃ~! 今年が終らんぞ~!と。coldsweats02

①TVで「孫悟空」見てたら、「八戒」(はっかい)が出て来て、豚肉を思い付いた。pig

②炊飯器のSWを入れ忘れ! 「サトウ」のご飯をチーン!してた。riceball

③丼をどこへ仕舞い込んだか思い出せない!。 目に付いた皿に盛って、「箸」で かっ込んだ。wobbly

koutokuさん、おはようございます。
回答
①なんで年の瀬は焼き豚ごはんか?
何故なら、冷凍庫に豚肉があったから~。

②ご飯が見えない
焼き豚の下に、玉ねぎの層がありその下に
隠れているので見えない。

③焼き豚皿(ご飯)か?
何故なら、丼に入っていないので焼き豚丼とは
呼べず、苦肉の策で焼き豚皿と命名。

さて、これで回答といたしますが、いかに?

いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

なんで!年の瀬は 焼き豚ご飯かな?。pig

で!ご飯が見えないぞ! 焼き豚の下に有るのかな?。

ならば(焼き豚皿)と言うのかな?。

質問 3問。 さ~!分かり易いお答えを。^^笑!coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599676/60865452

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ年の瀬:

« いつもの水曜日 | トップページ | 真冬の空気 »