フォト
無料ブログはココログ

« ポカポカ二日目 | トップページ | 明朝は雪に注意? »

2015年1月28日 (水)

雪の朝

今朝は、冷え込んだ。

朝、自宅を出ると雪が落ちてきた。

濡れないうちに事務所までと、自転車を

飛ばしたが、事務所に着く頃には雪も止んで

しまった。明後日は、また雪の予報。

さて、どうなることやら。

今夜は、シンプルな夕食。

焼き魚。甘塩の鮭。

2015_01_28_01

そして、少しずつ残っていた煮物などを

並べて食した。今夜は、スプーンは不要。

2015_01_28_02

« ポカポカ二日目 | トップページ | 明朝は雪に注意? »

食・レシピ」カテゴリの記事

コメント

東京は雪がふったのですか?
千葉は北風が冷たかったけど 雪は降らなかったなあ~
ほんとに 寒い日でしたよ。
金曜日 本当に雪降るのかしら?病院なのに・・・(泣)

残りもの整理でも たくさん種類があって楽しそうだね。
私も カレーの残り カレーうどんにしました。
シンプルな夕飯 私 こういうの好きだよ。

鮭が2切れも!豪勢ですねー。
Toshiさんのメニューを見ると栄養バランスが素晴らしくて、自分のメニューを反省します(^_^;)
昨日、雪が降ったのですか?昨日は日中も寒かったですものね。

PAPAさん、おはようございます。
雪が降ったというにはあまりに少なかった
ですが、降りましたよ~。
明日は、だんだん雪の予報が強く
なってきましたね。病院ですか?
気を付けて行って来て下さいね。
昨日は、ほとんど残り物の整理で
鮭を焼いたくらいでした。
たまには、冷蔵庫も整理しないと。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

ふぅちゃんさん、おはようございます。
鮭が2キレ入ったパックを買ってくると
どうしても2キレ焼いて、食べてしまいます。
本当は、一切れで良いのにと思うのですが。
栄養バランス、特別考えてはおらないの
ですが、お肉が続くとお魚が食べたくなり、
野菜がないと少しさびしく思い野菜を
使う。ただこれだけなのですよ~。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

へ~!江戸は不思議なところじゃ~! 雪が落ちて来るのか~?。
桑名宿は 雪は天から降ってくるぞ!。^^笑!

【業務通信】

我が地を走る「ナローゲージ」の北勢線のPRが、東京中央区にある 
三重県のPR館「三重テラス」で、来月(2月6日・7日)に行われます。

「北勢線」の写真展示や プロモーション映像が有るそうです。
お暇なら! 見に行ってやって下さい。

係りの人に 桑名の「koutoku」に聞いたと言えば、(あっそう!)と言ってくれます。^^笑!

で!「三重テラス」。 http://www.pref.mie.lg.jp/TOKYO/HP/cmback/mieterasu.pdf
 

雪にご注意~~

分厚い鮭ですね。2切れ食べてしまうのが面白いですね!

毎日、色々の献立ですから、当然、少しづつ残って来るでしょうね。
このように食べきること我が家では、あまり出来てないかも。
前日の献立を、リメイクしたり、いつも感心して拝読させてもらてます。

お野菜もたっぷり。これもすごい。

koutokuさん、こんばんは。
江戸はすごいですよ。
雪はもとより、雨も落ちてきます。
鳩やカラスの糞まで、空から降って
きますからね~。
おちおち外を歩いていられない
物騒なところなのです。
そんな街の安全を私は日夜
守っている正義のヒーローなのです。
なんちゃって。
ところで、「三重テラス」の業務連絡
ありがとうございます。
都合がよければ行ってきますね。
そして、三重県の誇る北勢線の
ナローゲージをとくと拝見してまいります。
以上、業務報告終わり。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

あきばばさん、こんばんは。
ありがとうございます。
明日の朝は、注意して通勤する
ようにします。
鮭、本当は一切れ取っておけばよい
のですが、つい面倒になってしまい
一気に食べてしまいます。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

のんきさん、こんばんは。
独り者の場合、作った物は自分で
食べるしかないので、たまに残り物
を整理するように食べるように
しております。
でもたまに、冷蔵庫の奥に眠って
いて捨てざるを得ないことも。
計画的に作れば良いのですが。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599676/61050442

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の朝:

« ポカポカ二日目 | トップページ | 明朝は雪に注意? »