フォト
無料ブログはココログ

« 花金 | トップページ | 一夜過ぎて »

2015年3月21日 (土)

春本番がそこまで

曇り空の一日だったが、風もなんとなく

おだやかな暖かさ。春本番はすぐそこまで

来ている。

近くの桜もほのかにピンクに色づいている。

2015_03_21_05

2015_03_21_04

散策から帰ってきての夕食は、久しぶりに

海鮮丼。イナダとマグロとホタテ。そして、

妹が焼いた玉子焼きをのせて。

2015_03_21_06

昨日残ったレバーと新玉ねぎの炒めもの。

2015_03_21_07

2015_03_21_08

« 花金 | トップページ | 一夜過ぎて »

食・レシピ」カテゴリの記事

コメント

ゲゲゲゲげ~~!。 ここはどこのブログじゃ~!。
Toshi さん!と言う(アスリート)のアドレスに間違いないぞ?。

そうか! 遂に高級料理店から出前を取ったんだな?。

祝日だからと言って、あんまり!エエもん食べると、
腹がビックリして、消化不良!起こしますよ!。

しかし!今夜は、きばったな~!。^^笑! 

すごい 豪華な海鮮丼で私も どこかに食べに行かれたのかな?
と思いましたよ(笑)
卵焼きが 入るのもいいですね。
さすが 妹さんです。

明日ですか?
がんばってきてくださいね。
足 無理しないように・・・

豪華な夕食ですね。
何かのお祝いですか?(笑)
ご兄妹で合作でお料理されるなんて楽しいですね。

こんにちは

海鮮丼♪美味しそうですね^m^

レバーと新玉ねぎの炒め物も良いですね。

新玉ねぎ♪甘くって大好きです。

どこかのお店かと思いましたよ
豪華でおいしそうですし羨ましいなhappy01
ご飯は寿司飯かしら

わ~~おいしそうだな~いつきてもおいしそうだけど・・・・
年度末、後一分張り!栄養とってがんバラなくてはね!
私もやっと大体のことが終わりましたので 明日からは残務処理です
定刻になったら 帰ってきて 今まで我慢し続けたおじちょんになにかおいしいもの作るようにがんばります!

koutokuさん、おはようございます。
ハッハッハッ、高級料亭なんて。
ただ、お刺身を酢飯に並べた
だけですよ~。
ホタテのお刺身が美味しそうでした
ので、海鮮丼を作ってみました。
はい、土曜日ということできばって
みました。
今日からまた粗食の生活です。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

PAPAさん、おはようございます。
久しぶりに海鮮丼にしました。
ホタテがぷりぷりで美味しかった
です。玉子焼き、欠かせませんよね。
マラソン大会出場して参りました。
完走して参りました。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

ふぅちゃんさん、おはようございます。
お刺身を見ていたら美味しそうでした
ので、思わず購入してしまいました。
一人では多いので妹に馳走し交換条件
で玉子焼きを焼かせたということなの
ですよ~。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

レオさん、おはようございます。
新タマネギ、美味しいですよね。
熱を加えると甘味が増して。
少しの間、新タマネギを楽しめそう
ですね。
海鮮丼も美味しく頂きました。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

おばさんさん、おはようございます。
どこかのお店なんて、お褒め下さって
ありがたく思います。
酢飯にして、海苔を敷き詰めて
お刺身を乗せただけなのですが。
美味しく頂くことができました。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

ソフィーさん、おはようございます。
お忙しかったようですね。
お疲れ様でした。
ひと踏ん張りして、栄養摂って
新年度に備えて下さいませ。
だいぶ春の日差しになってきた
のではないですか?
いつもこめんとをくださって、
ありがとうございます。

寒の戻りでしょうか。温かさに慣れた身に、今日の寒さが堪えます。
四月二日に友人たちと、御花見の予定ですが、散ってしまわないかと心配です。

豪華な海鮮丼。お店で食べられたものかと思いましたよ。

のんきさん、こんばんは。
こちらも夜になって、北風が吹いて
きました。
東京は桜の開花が宣言されました。
来週あたりが見頃のようですね。
4月2日あたりは、満開なのでは
ないでしょうか?いいですね、お花見。
海鮮丼、酢飯にお刺身をのせた
だけですよ~。
いつもコメントを下さって、
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/599676/61316685

この記事へのトラックバック一覧です: 春本番がそこまで:

« 花金 | トップページ | 一夜過ぎて »